女性ホルモンって結局何もの?減ると何が起きるのか

この言葉を最近よく耳にしませんか。
女性ホルモンというからには女性の体に深くかかわっているのはわかります。
実際にはどういった効果があるのでしょうか。
女性ホルモンの主な働きは、「女性らしさ」を作ることです。
丸みを帯びたふくよかな体をつくったり、肌をきめ細かく保ったりといった外見的な効果や、月経や妊娠といった体の内側に作用する働きもあります。
そのため減少すると、月経不順や閉経が起こったり、更年期障害に代表されるような変化が起こります。
また、女性ホルモンはカルシウムを吸収しやすくする効果もあるため、分泌量が減ると骨が新しく作られなくなります。
高齢の女性に骨粗しょう症が多いのは、このためです。
このように、女性の体に重要な作用を持つ女性ホルモンですが、なぜ分泌量が減ってしまうのでしょうか。
原因のひとつは加齢です。
加齢によって卵巣機能が衰えると、自然と女性ホルモンの分泌量は減ってしまいます。
そのほか、ストレスや睡眠不足、偏った食生活でも減少します。
これを補うといえば、「大豆イソフラボン」が有名です。
イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。
肌荒れやシミ・たるみなどが気になるときは、「プラセンタ」がおススメ。
ホルモンバランスを整えるだけでなく、美肌にとても効果があります。

 

 

女性ホルモン減少の原因と対策

女性ホルモンというのは加齢と共に減少する傾向があります。
40代から50代女性に起こる更年期障害も減少によりホルモンバランスが乱れたことで起こる症状だという事が出来ます。
女性ホルモンというのは妊娠や出産の為に必要不可欠なホルモンです。
それだけではなく肌、髪、爪などのハリと潤いを保つ為にも欠かすことが出来ないと言えるのです。
女性ホルモンが減少する原因としては老化現象だから仕方がないと諦めているかもしれません。
その他にも減少を早める原因がいくつも存在します。
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、水分不足、運動不足による血行不良や体の冷え、あとは喫煙なども挙げることが出来ます。
なので生活習慣や食生活を改善することにより老化を遅くしたり、更年期障害を緩和することは可能なのです。
また食生活の改善が難しい場合にお勧めしたい、副作用のないサプリとしては、女性ホルモンと似たような働くをするという大豆イソフラボン、エクオール、さらには最近注目されているのがマカのサプリメントです。
マカというと男性向けといった印象が強いかもしれませんが、今は女性向けの商品も販売されていて、生理痛や生理不順の改善と更年期障害の緩和、冷え性を治す効果が期待できると言われています。

 

 

女性ホルモンの低下は精神面にも影響してきます!

女性ホルモンが低下をするというと、まず思い浮かぶのは、更年期の時期ではないでしょうか。
その時期になると、なんとなく体がだるい、やる気がしないといった状態になることがあります。
そしてその時に、まずおもうことは、何か病気になっているのではないだろうかと思うのです。
まさか、最初に更年期のために、そんな症状が起きていると、一番におもう人は少ないと感じます。
しかし、そのような症状は、女性ホルモンの低下によって起きる場合が少なくありません。
そして更年期になると、汗をかくなど身体的な症状をおもうことがありますが、精神的な症状も現れることも有ります。
それは、気分が落ち込む、やる気がしない、怒りやすくなる等です。
そしてこの場合、自分一人が辛いとおもうだけではなく、周りの人まで巻き込んでしまう恐れが有ります。
なんとかなるだろうと思っていると、知らず知らずのうちに、人を傷つけていることがあるかもしれないのです。
そのことから、更年期障害と思った時には、速やかに女性ホルモンを補うことが大切です。
そんな時、副作用を心配せずに気軽に取ることが出来る、サプリを利用するといいですね。
自然な感じで、気分を落ち着けることができるので、自分も気持ちが楽になり、周りの人にも迷惑をかけることがないので安心です。

 

 

女性ホルモンの乱れによる発症

女性ホルモンのバランスが乱れると、さまざまな病気を発症するリスクが高まることになります。
たとえば子宮がんです。
子宮がんにかかりやすいタイプの人をみると、女性ホルモンのバランスの崩れが大きく、エストロゲンのみが分泌されています。
プロテスゲロンが出ない閉経期に急に子宮がんのリスクが高まるというデータがあります。
子宮筋腫もまた、女性ホルモンの乱れによって発症しやすくなります。
特にバランスが崩れやすい更年期になると、筋腫が一時的に大きくなり過多月経で貧血症状が悪化したり、月経時の痛みが激しくなることがあります。
乳がんも子宮がんと同じようにエストロゲンの影響を受けやすく、乳腺症から乳がんを併発することもあります。
がん以外の病気も、ホルモンバランスの乱れによって発症するリスクが高まります。
たとえば、女性ホルモンのエストロゲンには骨を強くする作用もありますから、エストロゲンが急激に減少する閉経後では骨粗しょう症が起こりやすくなります。
ほかにも、肩や腕に痺れを感じることも、バランスの変化から軟骨が変形することが原因です。
尿失禁も女性ホルモンの減少によって起こることがあり、このような失禁症には補充療法が効果的です。

 

 

更年期の諸症状にはエクオールサプリが効果的

更年期になると女性ホルモン量が低下することによって、さまざまな症状が現れます。
肌や髪の艶がなくなりスワが増えるといった外見上の衰えの他、のぼせたりほてるというホットフラッシュが起きる人もいます。
また、やる気が出なくて落ち込んだり、不安感に苛まれるといった精神的な不安定さも感じることもあります。
こうした更年期の症状を落ち着かせるには、以前には大豆に含まれるイソフラボンが効果があるとされていました。
イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、少なくなった分をを補ってくれると考えられていたからです。
しかし、イソフラボンを代わりとして働いてもらうには、エクオールという物質に代えなくてはいけません。
そして変えるにはエクオール産生菌という腸内細菌が必要なのです。
ところが、この腸内細菌を持っている人は日本人の約半数であることがわかりました。
エクオール産生菌を持っていない人は、いくらがんばって大豆製品を食べても大豆イソフラボンのまま吸収されてしまうのです。
これでは、全くの無駄ですよね。
そのため、エクオール産生菌を持たない人は、副作用のないサプリメントで補うことになります。
AMC、大塚製薬などから、発売されていますので、確認してみてください。
副作用もありません。
エクオールの効き目は女性ホルモンのエストロゲンの100分の1から1000分の1とわずかな量であるものの、更年期症状の改善には効果が期待できます。

 

 

関連サイトの紹介

 

エクオール

 

こちらは、管理人が運営する姉妹サイトです。
更年期障害を緩和する新成分「エクオール」に情報について紹介しています。
大豆イソフラボンで効果が無かった人には参考になると思います。
興味のある人は訪問してみてください。